【ガーデンデザイン】用賀オブジェのあるドライガーデン

用賀の建築家設計による素敵な邸宅のお庭です。

お客様のご希望により、キンモクセイやヤマボウシを取り入れながらも、
少し珍しい植物とドライガーデンのイメージをお持ちでしたので、
緩やかなグラデーションでテイストを繋げました。

また庭×アートをテーマに、
オブジェにもなるバードバス兼ベンチをデザインし、
滋賀の鉄工房さんに製作いただきました。

 

背景のフェンスをダークグレーにすることで
植物のグリーンが際立ちます。

また、奥様が1年草を寄せ植えするコーナーとして大きめの鉢を配置しました。
最初だけこちらで、コンボルブルスとプミラ、ペチュニアを寄せ植えしました。

 

また玄関入ってすぐの坪庭は陽が入りにくいので、
耐陰性があり涼しげなハイノキを中心とした植栽にしました。

建物の際にもハーブを中心とした下草類を植えています。

 

ガーデンライフを楽しんで頂けたら嬉しいです。

 

グリーンライフプロデューサー
吉田美帆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る